記事一覧

多く見られる故障事例

2013.08.29 (木)

個々の要因別にピアノによく起こる代表的なものと修理法を幾つか上げて見ます。

長年の使用による部品の磨耗・損傷・劣化

●鍵 盤
現象ファイル 84-1.gif
・演奏する時に左右にガタガタ揺れて弾きにくい。
・グリッサンドの演奏時に隣同士の鍵盤が当たって、「カチャカチャ」と
 音がする。
原因
・長期間の演奏による鍵盤裏面及び中央部のキーブッシングクロス
 の磨耗又は虫食い。ファイル 84-2.gif
処理
・新しいキーブッシングクロスに張り替える。

●ダンパーレバークロス
現象
・演奏する時「ギシギシ」「ミシミシ」と雑音がする。
・強く弾いた時に下がったまま上がってこない鍵盤がある。
原因
・演奏によるダンパークロスの磨耗
処理
・新しいダンパークロスに張り替える。

●ハンマーパッドフレンジコード
現象
・ピアニシモ弾こうとすると弾き終わる前にピアニシモより大きな音が鳴ってしまう。ファイル 84-3.gif
・フォルテシモが出にくく、なんとなく頼りない音色になってしまう。
・トリル(連打)の演奏が出来ない。
・鍵盤が何かに引っかかったような感じで、最後まで下がりにくい(上がりにくい)。
原因
・バットフレンジコードの劣化、損傷。
処理
・新しいバットフレンジコードに張替える。

●ハンマーヘッド
現象
・「ベンベン」「ペンペン」「ギンギン」とした汚い音色しか出ず音量のコントロールも効かない。ファイル 84-4.gif
原因
・長期間の演奏によるハンマーファイリング又はハンマーフェルトの磨耗。
処理
・【整音】作業が出来ないほど磨耗しているしている場合は
 新しいハンマーに交換する。